アレルギーってなぜなるの?

『アレルギーってなぜなるの? 

ALTURA beauty treatment 美容整体師 岡本がお答えします。

岡本雄磨、美容整体、ALTURA、ALTURA整体院、卒業、 大阪福島、六本木、ゴッドハンド、鍼灸師

こんにちは!!!

岡本がやってきましたよ〜

本日も更新していきますので気軽に見て下さいね!!

 

皆様あけましておめでとうございます。

本年も皆様の健康と美容をALTURAの岡本が届けていきたいと思います。

毎年恒例 1/3 ALTURAでの初詣!

毎年奈良の十津川にある玉置神社でお参りしてきました!

去年はあと100メートルのところで、道が凍結していて行けなかったが

今年は無事に詣ることができました!

 

 

ではブログ一発目!

今年の岡本の抱負から、、、

 

今年は、去年より自ら楽しみ誰よりも勢いよくイノシシのように邁進していきます!

さらなるstep upをこの一年で手に入れます!!!

 

by 岡本

 

孔子の言葉で僕がとても好きな言葉があります!

 

何事も楽しんでやりなさい。

楽しんでやることで

思わぬ力が発揮されるものなのだ

 

この言葉を胸に刻みながら、やっていきます!

 

 

 

さあ本題に移ります!

 

アレルギーってなぜなるの?

 

ニッポンハム食の未来財団:引用

 

これを聞いた時、皆さんはどう思いますか?

免疫が働いていない?

過剰に取り込んで免疫反応が出ている?

などなど理由はあります。

 

そこで岡本がなぜ??を話していきたいと思います!

 

まず免疫反応って何から話していきます。

免疫反応とは、身体に異物や何かウイルスなどが入ってきた時

身体の中の細胞から働く何かしらの反応のことを言います。

例えば、猫アレルギーで猫に触れたり、猫の毛を体内に入るとアレルギーの人は

体外に異物を出そうと身体は働き、鼻水、くしゃみなど出ます。

それが免疫反応と言います。

 

 

免疫反応を話ししていくにあたり

細胞のことも話していく必要があります。

 

皆さん

DNA、RNAって知っていますか?

 

DNA(デオキシリボ核酸)とは、人間、動物、植物、細菌といった

生物の遺伝情報の保存伝達を担う遺伝物質のことを言います。

 

RNA(リボ核酸)とは、それが遺伝子として働く場合には、ウイルスの遺伝情報の保存と伝達を担うことになります。

 

簡単に言えば、RNAは生命が誕生するに当たっての進化前の過程で、DNAは進化過程の完成型です。

 

そこでRNAとして猫がダメな進化過程で成長しDNAで構成されると=猫アレルギーになり免疫反応が出ます。

※DNAは人それぞれ全く構成なれる分子が違うので、免疫反応が出る人とでない人がいます。

 

 

ちょっと難しい内容でしたね。

 

ALTURAの施術では免疫に働きかける施術もありますので

アレルギーなども改善が見込めます。

 

 

 

結論

アレルギーになるのは、DNAの働きによってなる。

 

 

 

改善方法

アレルギーは、自律神経や精神的も深く関係しています。

 

僕が診ている患者様で、顔にアレルギー反応が出て

発疹がでる方がおられたのですが、

原因は、精神性ストレスからでした。

仕事でどっと疲れが溜まり、休みになると発疹が強くなる症状で

施術ポイントは、

免疫に強く関係している

肝臓

頭蓋骨

肝臓はアルコールの分解だけではなく

血液循環、代謝にも関わります。

頭蓋骨は脳脊髄液という自律神経に深く関係するところです。

 

ここを改善できればアレルギーは大きく改善できます。

 

 

 

 

 

 

また何かお身体のことで質問がございましたら

info@altura.co.jp

にご相談ください!

 

ALTURAの治療法・予約・相談をしてみたい方はこちら

https://line.me/R/ti/p/%40vdk2919x

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきまして ありがとうございます!!