膝痛・腰痛・頭痛などで痛み止めを1年以上飲んでも改善しない方

『膝痛・腰痛・頭痛などで痛み止めを1年以上飲んでいる』

大阪福島区ALTURA整体院 院長の中島がお答えします。

はい!みなさんこんにちは!!!

今日は中島ブログの日ですよ〜!!!

真ん中にいるダークホース涌田の送別会の写真です。
今まで裏方で動いてくれてすごく助かっていたのですが、自分のやりたいことがより明確になり、自分でやることになりました。すごく嬉しい反面、寂しいですね。ただ、このALTURAに入ってくる人は全員やりたいことが明確になり飛び立って行く人もいればそのまま同じ想いでいくメンバーとして動いていくという風にハッキリするので気持ちがいいです!!!

感極まって泣いちゃいましたが、、、


頑張れ涌田!!!

 

さて話は変わって

膝痛・腰痛・頭痛などで痛み止めを1年以上飲んでも
改善しない方にお話です。

皆さんに質問です。

その薬って本当にあなたに合っていますか?

そもそも間違えて飲んではいないでしょうか?

アプローチ方法間違っていませんか?

市販の痛み止めの薬が効かない痛みの場合や、まれに体質のため痛み止めの薬が効かないこともありますが、痛み止めの薬が効かないのは、

「飲むタイミング」

が間違っていることがほとんどです。

痛み止めの薬について、「なんとなく、飲みすぎてはいけないイメージ」があり、「痛いなぁ」と思っても、「もうダメだ!」と思うまで、我慢してから飲んでいませんか?

以前、「痛くなったらすぐセデス」というCMがあったと思います。
あのCM、あながち間違いではないんですよね〜

痛み止めの薬(解熱鎮痛薬)は

「痛くなったら飲む」のではなく、

「痛くなりそうだなと思ったら飲む」です。

その理由は、

人が痛みを感じるメカニズムにあります。

人間は、「痛みを脳に感じさせる物質(オピオイド)」が発生することにより、痛みを感じます。

痛みを感じるメカニズムとは刺激を受けると神経を通じて脳へ信号が送られて、それが脳がキャッチし痛みと認識します。

患部では体を守ろうと痛みをあえて強める様々な物質が分泌されます。患部が赤くなったり、腫れ上がったりするのは身体を守ろうと認識させるためにでる反応です。

鎮痛剤は主に医療用麻薬(オピオイド系鎮痛剤)と非麻薬性鎮痛剤の2種類があります。

非麻薬性鎮痛剤は、患部で発生する、痛みを強める物質を作りにくくする薬です。皆さんがよく飲まれるロキソニン、アスピリンなどがあり、日本で処方されるのはこれらがほとんどです。

もう一つの麻薬性鎮痛剤は、脳に伝える伝達物質を作りにくくする薬です。
これは脳に影響を及ぼす場合があります。

この麻薬性は主にモルヒネやアヘン、コデインなどは依存度があるため市販では売られていないんですね。

市販されている痛み止めの薬は、

「痛みを感じさせる物質」の発生を阻害することにより、効果を発揮します。

ということは、

「すでに発生してしまった痛みを感じさせる物質」には効果がないんですね。

「痛くなりそうだと思ったら痛み止めの薬を飲もう」と言いましたが、

飲んでも効かなければ、更に薬を追加するのではなく、

別の病気の疑いをとるためにも、医師の診察をうけることをお勧めします。

ではこれらに当てはまらない人は
どうしたらいいの???

結論を先に述べると、、、

悩まれている部分の専門家の所をあたる、探すことが1番の近道になります。

その中でALTURAは専門家の集団ですので頼ってください。一つの会社に行けば病院の専門家みたいな形で多くのスペシャリストが属して又はチームとして機能し世界中の人に影響を与えます。

1年飲んでも症状が良くならない人は対処の仕方がほとんどの確率で間違っています。

昔10年前くらいの時の臨床でよくおられたのが


『薬飲んでいるから大丈夫!!!』
『病院いったら間違いない!』

『同じ薬をもう2、3年も飲んで、良くなってはまた悪くなって。でもお医者さんが言うことは間違いないだろうし。』
『ビタミン剤をもらって元気モリモリ!』

 

から

現代では


『病院にいくと毎回同じことを言われるけど何もしてくれない。薬渡されるんです。』

『この薬を飲んでいると効いているかわからない。』
『薬飲むと胃が痛くなるんです。

『長時間待つわりには全然診てくれないんです。』

など本音という本音をよく耳にします。最近はすごい頻度で、、、

そして患者さんが揃って言うのは

『薬に頼らず自分の力で治したい。』
『自然治癒力を高めたい。』
『自分の身体は自分で守りたい。』
『自分でケアをしたい。』
『整体の方がいいんじゃないかと思って、、、』

 

と皆さんの健康意識が変わって来ているのがすごくわかるな〜!!!
と思いながら今ブログを書いています!

ここで皆さんに知っていただきたいことがあります。

病院と整骨院と整体の違いを。

病院:診断、薬、手術
整骨院:ほねつぎ、患部のマッサージ
整体院:根本施術、慢性疾患

 

稀に整骨院でも根本治療をしていますが、ほとんどはマッサージ屋さんになっている現状が今あります。

整体院は根本治療をうたっています。やり方は違いますが多くの人に影響を与えていることだと思います。

そして自分たちALTURAが目指しているのは根本治療はもちろん、その方のゴールに合わせた治療ですが、

他とはより違うことが

症状を出さないために必要な知識を習得してもらいながら体感として無意識に定着させ、自分で治せる最強の体づくり(疲れにくい身体、理にかなった使い方を定着)をしています。それを本気でやり、健康アプリ(今開発中)を通じて世界中の人に広まり世界中の人が生活の基盤になって健康を届けることにが自分たちのミッションになっています。

患者さん、多くの方々と同じ方向(ゴール)を向いてやるからこれは実現できると確信しています。

そしてALTURAの独自システム


『卒業』

 

ここはあくまで通過点です。

自分の身体のことを理解しながら、自分の身体と心と相談しながら人生を活きてもらう。

・100の知識を持った状態で生活する。

・1の知識で生活をする。

 

皆さんはどちらがいいでしょうか?

ほとんどの方が100のほうだと思います。

悪いとは言わないですが1は見ている視野(視点が少ない)が狭いので100の人よりは語弊があるかもしれませんが色んな意味での幸福度は少ないはずです。
100の方を欲しいのであればその分投資はかさみますが自分の命に関わることのなのでかけることに越したことはありません。命はお金に変えれない尊いものですから。

なので試しに色んな所に行ってみて


『ピンっと』

 

直感的に良いなと思った場所は行ってみてください。

そしていっぱい試してください。

必ずかかりつけのところと出会えます。

 

そんな私から少し、、、

 

原因のないものはこの世の中にありません。

時間がかかるのも確かにありますがないことはありません。

自分の可能性を信じて先を見据えた生活を今のうちから送っていきましょう!!!

その中で、中島と出会えて良かったと思ってもらえたらこの上ない喜びです。

喜んで一生あなたのかかりつけでいます。

 

追伸

中島は
慢性首肩こり
寝違い
猫背
姿勢改善
O.X脚改善
腰痛
自律神経調整
五十肩などの肩関節周囲炎など・・・
慢性疾患専門で施術を行っております。

さらに・・・
肩こりの予防をしたい方、健康になりたい方、肩以外の痛みのある方にもオススメです。
痛みの原因、こりの原因、なぜ不調をきたしているのかをとことん調べる整体です。
ご興味のある方はお気軽にご連絡下さい!!!

鍼灸師、柔道整復師、登録販売者、アロマ1級の資格を持つ整体師 中島一馬

↓↓↓↓↓治療ホームページはこちら↓↓↓↓↓

https://altura.co.jp/clinic_fukushima

大阪市(特に福島区)の唯一の猫背姿勢・慢性肩こり専門整体院 ALTURA
六本木店も対応しております。

※正しい効果を出すためには問診と検査がとても大切です!!

↓↓↓↓↓電話番号↓↓↓↓↓↓

06−7710−7037

質問があれば下記のラインまでお願いします。
↓↓↓↓↓ライン@↓↓↓↓↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40vdk2919x
大阪市(特に福島区)の唯一の猫背姿勢・慢性肩こり専門整体院 ALTURA
NHK試してガッテンでも紹介された筋膜リリースをはじめ、脳心体統合理論を元にその人に合ったオーダーメイド施術を受けることができます。

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島7−20−1 KM西梅田ビル2F
電話:06−7710−7037
定休日:不定休
ホームページ https://altura.co.jp
大阪市内、福島区だけでなく、東京都港区、品川区、目黒区、千代田区、渋谷区、世田谷区、中央区、奈良県香芝市、大和高田、橿原、王寺町、生駒市、福岡県博多市、滋賀県、京都府、兵庫県からもお客様がたくさん来院しています。
ALTURA整体院、KMビル、大阪肩こり専門院、大阪福島区肩こり、中島一馬、猫背姿勢、大阪整体院、大阪府福島区、西麻布、六本木、痛み、歪み、体質改善、四十肩、五十肩、肩こり、猫背矯正、猫背改善、O.X脚改善