膝の手術をないとダメですか!?

「患者様の訴え:膝の内側の痛みは変形性膝関節症の影響ですよと言われました」

あなたのその訴え、「何が原因なのか」わかりますか?

私、矢野和也がお答えします。

 

たくさんの患者様をみさせていただいた中で、膝の痛みを訴えるは方は多く、痛みの出る場所や痛みの出る動きなど多様です。ただし、その中でも膝の内側に痛みが出るというかたの割合は多いです。

では膝の内側が痛い方にはどのような原因が考えられるでしょうか??

膝の内側に痛みが出る可能性のある代表的な疾患だけを挙げても_

①変形性膝関節症

②鷲足炎

③内側側副靭帯損傷

④内側半月板損傷

⑤タナ障害

のようにたくさん挙げられます。これらの疾患の見分け方としては年齢や、スポーツ暦、痛みを誘発する動き・動作であったり、細かい部位などで判断していきます。

気になる方は整形外科にてしっかり診察していただき原因がわかるだけでも不安は解消されるかもしれません。しかし、病院で行われるのは湿布や鎮痛薬、注射などの対処療法である事が多いです。

では次に、膝の内側部の痛みが変形性膝関節症によってみられている可能性が高い状態とはどのような場合なのかについて挙げていきます。

①50歳以降の女性で、膝の痛みの発症が明らかでなく、徐々に痛みが強くなってきた。

②初期症状としては、立ち上がり時など動きはじめに膝が痛む時があったが、徐々に階段の昇り降りが困難になってきた。

③膝の炎症により腫れがみられ、曲げる事が出来ない。

④レントゲンにて骨と骨の隙間が狭くなっていたり、O脚の変形がある。

これらに多く当てはまる点があれば、変形性膝関節症の影響で膝の内側に痛みが出ている可能性は高いかもしれません。

ただし、念頭に置いておいてほしい事は、レントゲンにて変形性膝関節症と診断されたからといって、膝の内側の痛みそのものは、変形性膝関節症が原因とは限らないということです。

レントゲンにて膝に異常がなくても痛みがある方もいれば、レントゲンに異常があっても膝の痛みがない方もおられます。

膝の周りには骨格や関節の他にも、筋肉、靱帯、筋膜、皮膚、脂肪組織、血管などといった様々な組織があるため、原因も1つとは限りません。

特に怪我などの特別な外傷がない場合、膝の内側に痛みがみられている原因が膝だけにあるとは考えにくいです。 

では最後に、膝の痛みのある方が来られた際、膝以外にもどのような点をチェックするのかについて述べたいと思います。

・膝関節以外に、痛みのある部位はないか

・日常の運動量などを確認

・実際に痛みが出る動作を確認する

・座位・立位姿勢のチェック

・脊柱・骨盤の動き

・体幹筋力

・仙腸関節

・股関節、足関節機能

・内臓の状態

・自律神経の状態

・歩行チェック

 

などをみさせていただき、総合的に膝に痛みが出ている根本原因について調べていきます。

変形性膝関節症の影響で膝の内側に痛みがあるといわれたがどうすれば良いのかわからな

いとお悩みの方は是非一度ご相談ください。

 

フェイスマスクのクラウドファンディングを公開しました。

ご協力宜しくお願い致します!

また気になる方は来院時にもお尋ね下さい。

https://camp-fire.jp/projects/view/89146