背中の痛み・・・もしかしてヘルニアでは?

こんばんは!
治療家の中島です。
本日は椎間板ヘルニアの症状が背中から現れるケースについてお話ししていきます。

椎間板ヘルニアの症状の一つに、「背中に痛みが走る」ということがあり
ます。

一般的に「椎間板ヘルニアの症状」と言えば、腰痛が挙げられると思い
ますが、その場合は腰部にある椎間板が飛び出した状態です。

椎間板は、椎間円板とも呼ばれ、脊柱(背骨)の椎骨という一つ一つ
の骨の間にあるゼリー状の「髄核とコラーゲン組織」で成り立っています。

椎間板は、脊椎にかかる上下の衝撃を和らげてくれる「クッション」のよう
なものと考えてもらったら結構です。

このクッションが脊柱の真ん中近辺でヘルニアになると、背中が痛くなったり
下半身が腫れたり、重苦しい脱力感に襲われることがあります。

椎間板ヘルニアの症状が背中から現れる場合の「痛みのタイプ」とは?

椎間板ヘルニアの症状として、背中からくる痛みのタイプとしては「激痛
が走る」という感じではありません。

どちらかというとズンと重く、うずくような痛みが出ることの方が多いです。

痛みというのは不思議なもので、直接その部位に感じる場合と、そうで
ない場合があります。

背中の椎間板ヘルニアの場合は、背中より前の「肋骨・胸部」に感じる
ことが多いので、肋間神経痛と勘違いしてしまうケースもあります。

また、ハッキリとした痛みとして感じないケースもあります。

たとえば、背中ではなく肋骨に違和感を感じたり、だるさを覚えたり、足が
もつれるようなことも珍しくありません。

足がもつれるような症状の場合、背中痛や腰痛を感じることがないケース
が多く、痛みというよりも麻痺のような状態に近いです。

そのため、自覚症状がない場合も多いです。

たとえば、歩いている時に、突然カラダのバランスが取り辛くなり、なにかに
つかまらないと歩けない状態になって初めて気づくケースもあります。

麻痺の症状が進んでくると、徐々に下半身の筋力低下が進み、結果的
に、それが腸や膀胱などに障害をきたすこともあります。

今回紹介した症状が続くようでしたら、一度かかりつけの病院、整体院に相談してみてはいかがでしょうか?

スクリーンショット 2017-01-09 0.12.51

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『本物を届ける』
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

株式会社 ALTURA
慢性腰痛専門、体質改善専門中島一馬

================================

●セミナーページ
https://www.altura-seminar.com/

=================================
●メルマガ案内
✴現状に悩む方のためのカラダから”今”を変える13のステップ
http://www.reservestock.jp/subscribe/39994

✴腰椎ヘルニアを完治させるための7つのステップ
http://www.reservestock.jp/subscribe/66590

✴脳心身体統合理論〜身体の本質〜

================================
●ご予約・ご質問・カウンセリングは以下(登録フォーム)にご連絡ください。
✴無料カウンセリング登録フォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/664854dc372830

✴ALTURAお茶会申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/994efbcf490152

================================
●ALTURAうぬぼれラジオ

https://youtu.be/G6oazLn2RqM

================================
●美容鍼灸キャンペーン
10万以上のお得です!!
先着順なので、ぜひ!!
https://peraichi.com/landing_pages/view/cosmetic

================================
●スポーツトレーナー養成講座
http://sportsvictory.altura.co.jp

#脳心身体統合理論#大阪#奈良#福島#中津#美容鍼灸#美容鍼#不眠解消#快眠施術#睡眠不足#整体#整骨院#病院#整形外科#治療家#スポーツトレーナー#バレーボール#新体操#古武術#身体軸#軸トレ#アクシストレーニング#慢性腰痛#自律神経失調症#うつ病#メニエール病#オーダーメイド#メンタルトレーニング#筋膜#重心#美容#肌質改善#更年期障害#子宮筋腫#内臓施術#眼精疲労#冷え性#腸腰筋#頭部冷却法#