肩こり

肩こりとは、みなさんもご存知の通り、肩の筋肉が硬くなる現象です。 そのために、肩の痛みや重だるさを伴い、ときに精神的な苦痛にもなります。
また、長期間悩まされるというのも特徴かもしれません。

西洋医学では、肩こりの概念が無い!

実は、西洋医学では肩こりという病名がありません。
西洋医学は、検査や異常などに基づいて診断を下したりします。
なので、西洋医学では肩こりというのは、診断の対象になっていないのが現状です。

東洋医学では、れっきとした病気!

東洋医学では、肩こりは病気としてとらえます。
また普段から、筋肉の硬さや、押したときの痛み、気持ちよさなどが診断方法に含まれています。
よって東洋医学では、肩こりを体の変調・病気としてとらえて治療していきます。

肩こりの特徴

・筋肉がよく張る又は硬い
・血行不良である
・姿勢不良である
・運動不足がち
・骨のゆがみがある
・ストレスが多い
・肝臓が悪い人(右肩に出やすい)
・心臓が悪い人(左肩に出やすい)
・頭痛がある
・吐き気
・呼吸が浅い
           等

1、筋肉の中では酸素が不足し、乳酸等が作られています。すると筋肉は硬くなりコリやだるさを感じるのです。
つまり、同じ姿勢を続けたり、特定の筋肉ばかり使い続けて起きる筋疲労。

2、疲れて硬くなった筋肉が近くを通る血管を圧迫し、血行を悪くしてしまいます。すると筋肉の中に発生した乳酸等が流れていかず、筋肉内にたまってしまいます。
また、筋肉にとどく酸素の量も減り、さらに乳酸が作られ、筋肉が硬くなります。そうすると、ますますコリを感じるようになります。(血行不良)

3、もんでもよくならない、ジーンとする、いつも同じところがこる、そんな経験はあると思います。
そのようなコリの原因には末梢神経のダメージが考えられます。
疲れて硬くなった筋肉や、たまった乳酸等の刺激によって、
近くを通る末梢神経は圧迫されたり、ダメージを受けたりします。
末梢神経は、それ自体が痛みやしびれを脳に伝える神経であるため、圧迫されたりダメージを受けると、その場所がジーンとしたり、違和感が生まれたりします。
それがコリや痛みとして感じられるのです。

これら3つのことが主なコリの原因になります。
これら3つの問題を解決しないことには、あなたに住み着いているコリは永住し続けてしまいます。

肩こりと首こりの決定的な違いは、神経症状が出るか出ないかです!
首こりと自律神経失調症はすごく密接な関係になっています。
首こりの神経症状の特徴として、

  • ピリピリした感覚
  • 冷え性、のぼせ
  • 高血圧、低血圧
  • 便秘と下痢
  • うつ、そう
  • 拒食症と過食症
  • 肥満と痩せ
  • 不眠と過眠
  • 低体温と高体温
  • 多汗症と無汗症
  • 甲状腺の機能亢進又は低下
  • ドライアイと涙目
  • 近視と遠視

など交感神経と副交感神経が上手くバランスがとれず、神経症状として身体に異変をきたします。

1、解剖学上、首と自律神経は密接な関係にあります。
頚部には交感神経の重要な中継地点である上・中・星状神経節や、副交感神経である迷走神経が狭いエリアに存在しています。
首の筋肉が硬くなること(首こり)で二つの自律神経に物理的負荷や血流障害が起こり、正常な機能を全うできなくなり自律神経失調症の症状が出てします事が考えられます。

2、頭部の感覚を担う大後頭神経・大耳介神経・小耳介神経は頚椎から出て、首の筋肉の間を貫き上部へ走行します。首の筋肉が硬くなり、
これらの神経を圧迫することにより、後頭部や側頭部の頭痛を招くこととなります。

3、自律神経の乱れや頭痛など慢性的な苦痛によりイライラや不眠、うつ症状など精神的な症状にもつながってしまいます

前方重心がほとんどの原因?

人間の本来のアライメントは、右に書いてある通り
耳たぶ~肩の外側の骨~股関節の外の骨~膝の裏~外くるぶし~踵
が一直線上にあるのが正常なんですが、
このバランスが崩れている人がほとんどです。

耳たぶは前~肩の外側も前~股関節の外側も前~膝の前~くるぶしより前~母趾球に体重が乗る

正常の型が崩れると体もさすがに異常を感じて色んな所に障害をきたすのも無理ないですよね。

  1. ロングブレス(腹式呼吸)
  2. 姿勢を良くする(ドローイン)
  3. 前方重心~後方重心に持って行く
  4. ストレスをあまり溜めないように考え方を変える
  5. ストレッチ
  6. 筋トレ
  7. 消化のいいものを摂取(特に食物繊維、乳酸菌)
  8. お酒(少量ならオッケー)
  9. 入浴又は森林浴
  10. ヨガ、体操
  11. 睡眠
  12. マッサージ
  13. 枕、ベッド(自分に合ったもの)、、、など

copyright © 2018 ALTURA all rights reserved.