第8期の脳科学「飛躍」コースのご案内をさせて頂きます。

Human body joint pain concept as skeleton and muscle anatomy of the body with a group of sore joints as a painful injury or arthritis illness symbol for health care and medical symptoms with 3D illustration elements.

ーこれからの時代を生き抜く上で、なぜ脳科学を学ぶのか?

評価力の向上とは、身体をどのように観るのか?というフォーカスの当て方から全てが始まる

全ての治療は『評価』から始まります。

これはどんな治療法も同じです。

殆どの人は治療や施術をやる時に『統合的なパーソナライズされた評価』をせず、勘で評価をしてしまいます。

その為、うまくいかなくなるのです。

『評価』とは一言で言えば、どこが「原因でその痛みやアライメント不良」が起こっているか?

そして「その悩み、問題は、なぜ?生まれたのか?」を身体全体やその人の癖をも観る事です。

そして一番良い治療は、あなた自身が『変化を味わって』生の声で、身体やメンタルの変化を届けられる事です。

セラピストやトレーナーの多くは紙上で医学や治療の学びをしますが、

大切なのは、患者様や選手、お客様の悩みや痛みをわかってあげながらを身体やメンタルにメスを入れる事です。

実際にあなたが身体の変化を体感し、メンタルの成長をするからこそ、

本当の意味で『身体を変化させられる』ようになるのです。

とくにこれは、年齢を重ねたり、立場や役職が大きくなればなるほど、難しくなります。

何故なら、治療の本質は自らが成長し、患者様や選手、お客様の気持ちを理解し、活きた施術をする事なのに、

日本の 成長文化的に、「年配になればなるほど、また業界に属せば属すほど、紙ベースでの勉強ばかりになってしまうからです。

決して、自分の成長によって患者様や選手、お客様を良くして行こう!思わなくなるのです。

これを逆手に取ると、若いセラピストやこれから学ぼうと思っている方が患者様や選手、お客様に対して

最高だ!出会ってよかった!と言われる隙間はまだまだ多数あり、

治療をやりはじめたばかりの人でも、十分勝てる、追いつき、追い越せる見込みのある成長が出来ます。

治療の基本は、『患者様や選手、お客様の悩みや痛みをわかってあげながらを身体やメンタルにメスを入れる事

再度、認識しておくとよいでしょう。

「飛躍コース」詳細

詳細はこちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://altura-zero-to-one.altura.co.jp