T-FIVEカップに向けて事前実習を行いました。@名古屋平成看護医療専門学校

事前研修後の様子
※撮影並びに掲載は、学生の皆様、学校の方々に許可を得ています。

2019年10月16日 愛知県で春日井市で初開催されるT-FIVEカップに向けて、名古屋平成看護医療専門学校の学生に対して、弊社の代表笹倉が研修を行いました。

東海大会は6年目となるT-FIVEカップにおいて、初開催の地区となります。そこで、救急救護ならびに、ジャンプ講習、コンディショニングケアの提供を名古屋平成看護医療専門学校様と一丸となって、2019年を盛り上げていくことが決まりました。

全国を回る代表笹倉は名古屋平成看護医療専門学校の学生に指導をし、以下のことを述べていました。

全国の学生を指導する中で、名古屋平成看護医療の学生さんは特に勤勉な子が多かった。目の前のことに取り組む姿勢も素晴らしく、僕自身教えていて学びになりました。彼らの夢や目的意識という部分をさらに底上げしていければ、今後すごく世の中に対して活躍してくれるんではないかなっと。大会を通じて、トレーナーという志だけでなく、人としても成長して欲しいですね!

事前研修終了後の笹倉栄人の言葉 2019.10.16

今回の研修内容は以下の内容です。

ー現場で活躍するためのトレーナー哲学
・今の時間はなんの時間?
・あなたの使命は?
・なぜトレーナーになるのか?

ー大会概要と大会趣旨説明
・大会におけるチーム別の役割

ー身体パフォーマンス概論
・身体分析とその基準
・立位姿勢について

ーテーピング実習

ーコンディショニングケア(踵骨法・腸腰筋)

ージャンプ力講習(肋骨のしなりの使い方、肘を使うジャンプと圧縮)

外部講師としてだからこそ、目の前の人に対して価値を届けるということが「如何に楽しくて、如何に厳しいものであるか。」を体感を通して生の声を伝えていくことが弊社ALTURAとしての1つの目的であります。


今後も全国を回り、現場で学ぶことの大切さと責任感、楽しさを伝えていきたいという所存です。

来たる2019年10月26日の大会が待ち遠しいですね!

大会の報告もしていくので、楽しみにしておいて下さい。また、今後の東海のスポーツ文化や健康業界を盛り上げてくれる名古屋平成看護医療専門学校の皆様にも期待が膨らみます。