大阪体育大学のATを目指す学生に授業しました。

研修を受けてくれたみんなと一緒にALTURAマーク
※全ての写真は学生並びに学校に許可を得ています。

2019年10月6日 大阪体育大学のAT(アスレティックトレーナー)を目指す学生に弊社代表の笹倉が授業を行いました。

今回の内容は、2019年11月2日、3日に控えるT-FIVEカップ近畿大会に向けた実技指導でした。T-FIVEカップはバレーボール元日本代表の山本隆弘が主催した非営利法人で、キッズ(小学生)のバレーボーラー向けに全国9会場(北海道・東北・関東・東海・近畿・四国・中国・九州・沖縄)と開催されているもので、今年で6年目を迎えます。

弊社ALTURAは3年前から、山本隆弘選手と弊社代表の笹倉のキッズスポーツ発展に向けたビジョンで意気投合したことをきっかけに参画しました。

弊社はT-FIVEカップの「子供たちに明るい未来を届ける」などの趣旨趣向に共感し、今まで全会場でコーチや監督に向けたテーピング講習・ジャンプ力アップ講習・コンディショニングケア・救護設備・大会運営補助を行っています。また、今後も「トップ選手から学べる場」の提供、「職人」から専門知識を享受できる環境を無料で構築しており、選手や大会参加者から大きな支持を得ています。

その中で、弊社が悩んできた問題の1つとして、スポーツ業界が抱えるニーズと弊社の成長スピードとのギャップでした。

「東北でも院を出して欲しい!」

「沖縄で先生の施術やサポートは受けられないの?」

「もっとキッズに使える効果的なトレーニングを教えて欲しい!」

などの多くのニーズがあるのにも関わらず、弊社の店舗展開はまだまだ全国規模に至っていません。弊社にはあらゆる専門家が存在しますが、身体に特化した専門家(特に高度な技術を要する)は育成が大変です。高品質で、きめ細やかな施術を少しでも多くの方に届けたい気持ちは大きいものの、「本当に多くの人に対して身体の可能性を感じてもらうまでには、時間を要してしまう・・・」と判断したわけです。

そこで、少しでも地域との連携を図りながら大会参加者並びに、地域の健康増進を手助けできないか?ということで今回のプロジェクトが推進しました。多くの関係者の手助けを得ながら、大会に向けた厳しい研修を行い、身体を学んでいる学生が親身になって「キッズのサポート」をする姿は素晴らしいと感じています。

現在、国内で6校以上の学校と連携して進めており、今後も増進していく見込みです。「より良いものを届け、地域を活性化したい。子供たちに明るい未来を作りたい」という想いに賛同してくれる方を募集しています。

健康を通して、世の中に貢献したい!

キッズスポーツを活性化して、地域を盛り上げたい!

と考えられてる学校関係者、学生、セラピストがお近くにございましたらご紹介いただければ幸いです。

身体の使い方指導
テーピング実習
現場で学ぶ大切さと学習パラダイムの説明
人の身体にかかわる責任の重要性を指導