あなたは10年後何をしていますか?(必読)

こんにちは!
株式会社ALTURAの高橋です!高橋明生


10年後皆さんは何をしていますか?

なぜそれを聞いたかって?

それは皆さん目標やゴール持っていますか?っていうのを聞きたかったんです。

この目標やゴールって凄く重要なんです。凄くね。もう一度言います。凄くね。

でもなんで目標を作るって大切なの?って思う方沢山いるんではないでしょうか?

それは相手にも自分自身にも言えることなんですが

自分を「成長」させるために必ず必要だからです。

なぜかって???

同じタイミングで物事に取り組んだ時0の所に目標を作って行動するのと、+の所に目標を作って行動するのって全くスピード感が違いませんんか?

そうなんです。目標設定ってどんだけ「早く」自分を「成長」させるかに重要なんです。


自分に置き換えてもわかりにくい部分があると思います。

そしたらセラピストなら患者さんのゴール設定って沢山すると思います。

例えば
入院患者さんが「早く良くなってお家に帰りたい」と訴えています。

皆さんはゴール設定時にどのように考えますか?
〜歩行の自立」「〜m歩行の獲得」「〜動作の獲得
色々考えてゴール設定をすると思います。
別にそれでもいいんです。何も悪くありません。

元の生活にって考えるのは全く悪いことではありません。

でも考えてみて下さい。
元の生活って先ほどの事でいったら➖からの考え方ですよね。

もしかしたら今まで入院される前には
まだ〜をしたい」「こんな所に行ってみたい
と色々取り組んでみたいことが多かったかもしれません。
こういうのを踏まえてゴール設定にすると➖から➕ですよね?

そうすることでもっと早くスピード感持って患者さんが早く良くなります。
患者さん自身の取り組み方も変わります。

ですが…
私達セラピスト側が「それはもう無理」「そこまで能力が上がらない
と諦めたり目標を下げるのは
正直言うと患者さんの可能性を潰しているようなもの
患者さんの未来を奪っていると一緒なこと

いや、普通に考えて無理でしょって思う方もいるはずです。
だがその考えが「患者さんのためにならない」

この➕の所へゴール設定するのも皆さんの技術です。

これができるようになると、患者さんの行動が変わります。

今日もリハビリ拒否がなくなります。

本当に患者さんをもっと良くしたい。
治って欲しいと思いがある方は

この「目標とゴール設定」は凄く重要なので忘れないで下さい。


今回は患者さんに例えてお話をしましたが、

次回は自分の「成長」と「スピード感」に例えながら
目標とゴール設定に必要な3つのポイントを書いていきます。

これは実践的に使うものなので凄くためになると思います。

ということで以上になります!
ありがとうございました。


会社名:株式会社ALTURA

整体事業:ALTURA BODY LUX

育成事業:ALTURA Academy

商品開発事業:ALTURA Positive Life

本社所在地:大阪市福島区福島7-20-1 KM西梅田ビル2F・

解説者:高橋明生

TEL:06-7710-7037

会社URL:https://altura.co.jp