首・肩・腕・手に痺れが出ている人は、、、、

初めまして!(^^)

7月からALTURAに所属致しました森本恭平です!

6月までは業界大手企業の鍼灸整骨院の東京・有楽町院で鍼灸師として院長をしておりました!

2万件以上の症例実績を基に様々な悩みを解決し、あなたの自己実現を表現するきっかけを与えていきます!

では早速、宜しくお願い致します!

本日は胸郭出口症候群についてお伝えてしていきます!!

首・肩・腕などに痛みやしびれが出る、胸郭出口症候群(きょうかくでぐち・しょうこうぐん)でお悩みの方は最近凄く多いんです!!

もっと大きなくくりでは、頚肩腕症候群(けいけんわん・しょうこうぐん)とされている方も同様です。

これらの病名が付いた方の中には、改善しないために心療内科へ紹介されることも多いようです。

皆さんご存知でしたか??(^^)

胸郭出口症候群の原因

1. 姿勢の悪さ(ストレートネックや猫背など)

2. 筋肉の使い過ぎ(同じ動作の繰り返し)

3. 自律神経の緊張が強すぎる

などです。

改善方法は次の通りです!

痛みやしびれの原因となっているものを無くしていきます。

1. 神経や血管を圧迫して刺激している筋肉や筋膜をゆるめる!

2. そのためにも姿勢を良い状態に戻す!

3. 自律神経の緊張が強すぎる場合が多いので自律神経の乱れを整えていく!

この中で特に質問されることが多いのは「良い姿勢とはどんなものですか?」という内容です。

この「良い姿勢」に関しては意外と誤解も多いのです。

「背筋を伸ばして」「胸を張る」のが良い姿勢とよく言われます。

ALTURAではそれプラス、「後方重心」という事に力を入れています!

実はこの後方重心という事が一番難しいかもしれません。

ALTURAで指導する良い姿勢とは

「後方重心で立つ」

事です!

これができるようになれば胸郭出口症候群はもちろんですが頭痛や肩こりで悩むことはなくなります!

そして首や肩、さらには腰にも余分な負担がかからなくなります!

世の中の人の89割の方は前方重心と言って身体の重心が前にいってしまってます!

重心が前にいく事により背中が猫背になり、肩が内側に巻き込み、顔が上体より前に出て完全にアウストラロピテクス(人間形成の初期段階)みたいな姿になってしまいます。笑

だからこそ後方重心に身体を持っていき、猫背や肩の巻き込みの改善をし、顔を上体の上に乗せる事が一番のアウストラロピテクスにならない一番の改善方法になってきます!

皆さん普通の人間に戻りましょう!!!!

後方重心を体感したい方は是非ALTURAへお越し下さい!

後方重心であなたの人生マジで変わります。

乞うご期待あれ!!!!

最後までお読み頂きありがとうございました!

途中、下品な言葉を使い申し訳ございませんでした。

でもそれ程、本気なんです!!!

これからこの様な感じでありのまま本気で伝えさせて頂きます(^^)

皆様、是非これから森本を宜しくお願い致します!