妊娠9ヶ月目の症状、気をつけることは?

初めての妊婦さんの不安払拭します。

『妊娠9ヶ月目の症状、気をつけることは?』

大阪福島区ALTURA整体院 院長の中島がお答えします。

スクリーンショット 2018-02-20 23.34.25
妊娠9ヶ月目はどんな状態?

イナートラブルが続く

妊娠9ヶ月目とは、妊娠32週~妊娠35週のことを言います。妊娠9ヶ月目は、依然としてマイナートラブルに悩まされる時期です。マイナートラブルとは、妊娠により子宮が大きくなったことで起こる体調不良のことで、貧血やめまい、眠気やむくみなど様々な症状があらわれます。 

出産準備は最終段階へ

急な出産となった場合に困らないよう、入院グッズや赤ちゃんグッズなどの出産準備は、妊娠9ヶ月目までに終わらせておくと安心です。入院グッズは産婦人科により準備するものが異なるため、妊娠中に産婦人科で確認しておきましょう。妊娠9ヶ月目までに出産準備をすることで、ますますママになる自覚が芽生えてきます。

妊娠9ヶ月目の赤ちゃんの状態は? 

cb04f80987e2154ad1ed85ee13bb53ce_m

赤ちゃんの体重は?

妊娠9ヶ月目になると、赤ちゃんの体重は2500gほど、大きさは43㎝~46㎝まで成長しています。妊娠9ヶ月になると赤ちゃんの大きさにも個体差があらわれてきますが、大きくても小さくても健診のときに問題がなければ心配する必要はありません。

頭位が定まる

妊娠9ヶ月目になり、お腹の中で赤ちゃんは身動きが取れなくなってきます。そのため、お腹の赤ちゃんは子宮の外に出る準備を始め、だいたいは頭位を下にして落ち着きます。もし妊娠9ヶ月に入っても逆子である場合は、帝王切開を考え始めます。

胎毛が消える

妊娠9ヶ月目は、妊娠により赤ちゃんを羊水の刺激から守るために生えていた胎毛が薄くなり、次第に胎毛は消えていきます。赤ちゃんの全身を覆っている脂肪が皮膚を守り、出産する時に滑りやすくしてくれます。

症状として特に多いのがこの3つ

頻尿や尿漏れ

妊娠9ヶ月目には、ますます大きくなっているお腹が膀胱を圧迫して、トイレに行く回数も増えていきます。それまで妊娠中頻尿だけで済んでいた妊婦さんも、くしゃみやお腹に力が入って尿漏れをする場合もあります。妊娠により尿漏れの心配がある場合は、生理用ナプキンやおりものシートなどを有効活用しましょう。

息苦しさが強くなる

妊娠9ヶ月になると、妊娠により以前から感じていた動悸・息切れが、さらに強く感じられるようになります。胃や心臓、肺、横隔膜も圧迫されるようになり、妊娠中は階段を少し上がるのも難しくなってきます。妊娠中は無理をせずにエレベーターやエスカレータを使い、動悸が続くようであればベンチなどに座って体を休めましょう。

44a1904fd0e32454af470cd60c73f4c1_m

足がむくむ

妊娠9ヶ月目に入っても、足のむくみは継続して起こります。妊娠によるホルモンバランスの変化や大きくなったお腹を支えるために足はむくみやすくなっています。足の下にクッションを置いて足を高くして寝たり、お風呂でマッサージするのも効果的です。妊娠中は水分を多く摂ることや塩分を控えることも、むくみ予防に効果があります。

妊娠9ヶ月目の危険性は?

激しい動きは早産に注意

激しい動きは早産に注意

 

 

 

 
妊娠期間が9ヶ月にも及ぶと、もうすっかり大きなお腹にも慣れてきます。「この動きは危ないけど、この動きは危なくないから大丈夫」といったことを感覚で悟るようになるので、安心しきって大胆なスポーツに挑戦してしまったり、毎日運動したくなったりするのですが、この時期に激しい動きをしてしまうと早産になってしまう危険性があります。無理をして腹痛、お腹の張り、異常なおりもの、出血、破水などの異常を感じたときは、すぐに医師の診断を仰いでください。

母乳マッサージのお腹の張りは注意を母乳マッサージのお腹の張りは注意を

この時期から母乳マッサージの指導を受ける妊婦さんも増えてきますが、マッサージをすると黄色や白の液体が分泌されて、もしかしたら母乳では!とびっくりされる方もいます。しかし、産後赤ちゃんがおっぱいを吸って初めて出てくるのを母乳と呼んでいるので、この時期の分泌物は母乳ではありません。乳管が発達して内部の老廃物が押し出されてきたものですから、母乳を沢山出すための準備なのだと考えましょう。これは母乳量とは関係がありませんので、気にせず母乳マッサージを続けてください。ただ、母乳育児の想いからマッサージのやりすぎは注意が必要です。乳頭への刺激は子宮収縮につながりますから、マッサージ中お腹が張ってくるようならば、その時点でマッサージは終了しましょう。

妊娠9ヶ月目の食事に関して

納豆

納豆などに含まれるビタミンKは赤ちゃんの出血傾向を抑えるビタミンです。赤ちゃんが狭い産道を通ってくる時の頭蓋内出血や、消化管出血の予防にもなります。臨月にはできるだけ毎日食べましょう。ほかにも良質なたんぱく質や腸内環境を整えてくれる乳酸菌も豊富に含まれ、便秘がちになりやすいこの時期の妊婦さんには最適です。

玄米

玄米は白米に比べ、栄養価が高く、糖質の代謝を促すビタミンB1や便秘予防に効果のある食物繊維が数倍多く含まれています。また妊娠中は血糖値が上がりやすくなるので、血糖値があがりにくい玄米は最適です。

小松菜

鉄分やカルシウム、ビタミン類やミネラル、ベータカロテンなどの様々な栄養が含まれています。野菜の中で鉄分が多く含まれているとされるホウレンソウよりも小松菜のほうが含有量が多く、野菜の中ではトップクラスです。

じゃがいも

じゃがいもにはビタミンCとカリウムが豊富に含まれてします。またビタミンCは熱に弱いものが多いですが、じゃがいものビタミンCは火を加えても栄養素が失われにくいのも特長です。妊娠後期はシミやそばかすが増えるので、積極的にビタミンCを摂取していきましょう。

しらす、小魚

体に色素がなく白い稚魚の総称をしらすと言います。このしらすは、骨や内臓も気にすることなく1匹そのまますべてを食べられる食材なので、栄養価も高くカルシウムが豊富です。

ごま

ごまにはたんぱく質・鉄・カルシウムが多く含まれています。妊娠中にかかりやすい高血圧の予防に役立つビタミンEやビタミンB1の含有量も多いので、妊娠後期には特におすすめです。しかし、ごまは脂質も多いので、食べすぎには注意してくださいね。

豆腐

妊娠中は1日に摂取した方が良いタンパク質量は50~75g程度といわれていますが、特に後期になればなるほどタンパク質が必要です。豆腐は植物性のたんぱく質が豊富に含まれるので、積極的に食べましょう。しかし豆腐は大豆製品、イソフラボンが含まれています。このイソフラボンは妊娠中に多量に摂取すると胎児に影響が出るといわれています。食べる量には気を付けましょう。

うなぎ

うなぎに多く含まれる葉酸は、妊娠前から妊娠初期に摂取すると胎児の脳の発育が良くなると言われており、不足すると胎児の発育に影響が出るとも言われています。葉酸は妊娠初期だけでなく、中期・後期にも積極的に摂りたい栄養素です。赤血球の生産を助ける働きもあるため、貧血予防にも効果的です。

ご質問があれば下記までお問い合わせください!

他のブログもご覧ください。

http://altura.co.jp/user/2018/05/2420

妊娠6ヶ月目の症状、気をつけることは?
http://altura.co.jp/user/2018/04/2348
疲れの回復が遅い

ALTURAの治療法・予約をしてみたい方はこちら

心当たりのある方・お悩みの方は是非ご相談ください 実際に受けられた方の声・患者様の声は下記のページから

NHK試してガッテンでも紹介された筋膜リリースをはじめ、テンセグリティー、オステオパシー、身体構造学、経絡(東洋医学)、カイロプラクティック、流動力学、古武術、脳科学など多くの学問をまとめた脳心体統合理論を元にその人に合ったオーダーメイド施術を受けることができます。

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島8−8−3 ランドマーク305
電話:06−7710−7037
定休日:不定休
ホームページ http://altura.co.jp
大阪市内、福島区だけでなく、東京都港区、品川区、目黒区、千代田区、渋谷区、世田谷区、中央区、奈良県香芝市、大和高田、橿原、王寺町、生駒市、福岡県博多市、滋賀県、京都府、兵庫県からもお客様がたくさん来院しています。
ALTURA整体院、大阪肩こり専門院、大阪福島区肩こり、中島一馬、猫背姿勢、大阪整体院、大阪府福島区、西麻布、六本木、痛み、歪み、体質改善、四十肩、五十肩、肩こり、猫背矯正、猫背改善、O.X脚改善、ゴッドハンド、腰痛、マタニティー