睡眠時無呼吸症候群と言われました。原因は?

患者様の訴え:『睡眠時無呼吸症候群と言われました。原因は?』

あなたのその訴え、「何が原因なのか」わかりますか?

私、中島がお答えします。

スクリーンショット 2018-02-20 23.34.25 6d4eebe44e30ed16d585ee24e764bdc2_m

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは・・・

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。

新しい画像-2-3
*教科書引用

これにも2種類があって、、、

中枢性睡眠時無呼吸(CSA)脳から呼吸指令が出なくなるタイプ』

脳から呼吸指令が出なくなる呼吸中枢の異常です。睡眠時無呼吸症候群の中でもこのタイプは数%程度です。
肺や胸郭、呼吸筋、末梢神経には異常がないのに、呼吸指令が出ないことにより無呼吸が生じます。OSAと違い、気道は開存したままです。OSAの場合は気道が狭くなって呼吸がしにくくなるため一生懸命呼吸しようと努力しますが、CSAの場合は呼吸しようという努力がみられません。
CSAに陥るメカニズムは様々ですが、心臓の機能が低下した方の場合には30-40%の割合で中枢型の無呼吸がみられるとされています。

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)喉や気道が塞がってしまうタイプ』

上気道に空気が通る十分なスペースがなくなり呼吸が止まってしまうタイプです。
SAS患者さんのほとんど、9割程度がこの閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)に該当します。
上気道のスペースが狭くなる要因としては、首・喉まわりの脂肪沈着や扁桃肥大のほか、舌根、のどちんこ、軟口蓋などによる喉・上気道の狭窄があります。元々大きい骨格であれば多少太ったとしても、つまり組織の量が増えても、上気道を狭める可能性はそう高くはありません。しかし、例えば元々小さい骨格の場合はどうなるでしょうか?上気道のスペースが圧迫されて狭くなり、元から上気道のスペースが少ない場合にはさらに閉塞しやすい状況になるわけです。


なりやすい人はこんな可能性が・・・


1、首が短い、首が太い、まわりに脂肪がついている
2、舌が大きい
3、下あごが小さい、小顔、下あごが後方に引っ込んでいる
4、扁桃が肥大している
5、タバコがやめられない
6、アルコールの摂取により筋肉がゆるんで、のどがふさがりやすくなる
7、太り気味。暴飲暴食してしまうことがある
8、高血圧、糖尿病、高脂血症などの既往がある
9、鼻炎やアレルギー持ち 
  • などなど


どうやって根本原因を見抜くか??


  • 一晩(7時間)の睡眠中に30回以上の無呼吸(10秒以上の呼吸気流の停止)
    これに近い数値ほど睡眠時無呼吸症候群になっていっていますよという基準になります。寝ているときなのでわからないとは思います。実際に動画を撮ってみてください。
    そこで全てが明らかになりますので。
    もしくは病院にて精密検査を受診してみてください!


自分でできるセルフケアをご紹介!


・肥満の人は減量する

肥満している人は食事療法や運動を行い、減量しましょう。肥満は、いびきやSASの大きな原因になります。体重の5%を目標に減量してください。

・横向きに寝る
仰向けに寝ると重力の影響で気道がふさがりやすくなってしまうので、体を横向きにしたまま寝るといいでしょう。なかなか難しいですが、横向きに寝るという意識を持つようにしましょう。

・寝酒は止める
お酒はのどの筋肉をゆるめ、気道の閉塞を起こしやすくします。また水分で舌も大きくなり鼻づまりもしやすくなります。寝酒は止めましょう。

・寝室の湿度を保つ
いびきをかくと口呼吸になります。のどが乾燥したり、ホコリが侵入したりして炎症の原因になります。炎症すると、気道が狭くなるので、さらにいびきをかきやすくなります。乾燥する季節は、寝室に加湿器をつけましょう。


セルフケア動画になります

https://youtu.be/wUEmNs-cHkU

身体の血中酸素量を多くし、自然治癒力をアップさせましょう!!!


根本から改善するために必要なこと

CPAPという、鼻に装着したマスクから空気を送りこむことによって、ある一定の圧力を気道にかける方法で重要な治療法となっています。しかし根治治療ではありません。

1、顔や舌の動きのトレーニング
2、呼吸の練習
3、運動
4、食生活の改善
5、飲酒を控える

睡眠時無呼吸症候群( SAS)はれっきとした病気になります。居眠り、集中力の散漫により大きな事故や仕事のパフォーマンスが落ち、うつ病になることも。気になる方は耳鼻咽喉科、内科、呼吸器科に行ってください!

他のブログもどうぞご覧ください!

http://altura.co.jp/user/2018/04/2278(いびきがうるさくて)
http://altura.co.jp/user/2018/04/2259(噛み締めてしまいます)

これどうなの?という質問があればどしどしご質問ください!

本日のブログの良し悪しを皆さん決めちゃってください!!!
皆様に有益な情報を届けるために、多くの方に自分の身体のことを知ってもらいたい。
今日のブログ良ければいいね!
又はシェアください。
また、色んなお声をお聞かせください。
より高みを求めてお伝えしていきます。

 

心当たりのある方・お悩みの方は是非ご相談ください 実際に受けられた方の声はこちら

http://altura.co.jp/clinic_fukushima

ALTURAの治療法・予約をしてみたい方はこちら
https://line.me/R/ti/p/%40vdk2919x

NHK試してガッテンでも紹介された筋膜リリースをはじめ、テンセグリティー、オステオパシー、身体構造学、経絡(東洋医学)、カイロプラクティック、流動力学、古武術、脳科学など多くの学問をまとめた脳心体統合理論を元にその人に合ったオーダーメイド施術を受けることができます。

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島8−8−3 ランドマーク305
電話:06−7710−7037
定休日:不定休
ホームページ http://altura.co.jp
大阪市内、福島区だけでなく、東京都港区、品川区、目黒区、千代田区、渋谷区、世田谷区、中央区、奈良県香芝市、大和高田、橿原、王寺町、生駒市、福岡県博多市、滋賀県、京都府、兵庫県からもお客様がたくさん来院しています。
ALTURA整体院、大阪肩こり専門院、大阪福島区肩こり、中島一馬、猫背姿勢、大阪整体院、大阪府福島区、西麻布、六本木、痛み、歪み、体質改善、四十肩、五十肩、肩こり、猫背矯正、猫背改善、O.X脚改善、ゴッドハンド、腰痛