妊娠4ヶ月目の症状、気をつけることは?

初めての妊婦さんの不安払拭します。

『妊娠4ヶ月目の症状、気をつけることは?』

大阪福島区ALTURA整体院 院長の中島がお答えします。

スクリーンショット 2018-02-20 23.34.25

妊娠4ヶ月はどんな状態?

妊娠4ヶ月とは、妊娠12週~妊娠15週のことを指しています。妊娠4ヶ月を迎えると徐々にお腹の膨らみが感じられ、基礎体温は妊娠から続いていた高温期から低温期になります。今まで着ていた洋服がきつく感じられるようになります。

子宮底長が測れるように

妊娠4ヶ月に入ると子宮底長が測れるようになります。子宮底とは、恥骨の上から子宮の一番上までの長さのことを言います。子宮底長を測ることで、お腹の赤ちゃんの発育状態や羊水の量などを知る目安になっていきます。妊娠4ヶ月から妊婦健診時には、メジャーを使って子宮底長を計測します。

胎盤が完成

妊娠3週目頃から形成された胎盤は、妊娠4ヶ月には完成し本格的にお腹の赤ちゃんは母体から栄養を貰えるようになります。お腹の中で赤ちゃんはこれから酸素や栄養を胎盤から吸収し、二酸化炭素や老廃物を胎盤へ排出するようになります。そのため、お腹の赤ちゃんはどんどん成長していき、妊婦さんのお腹の膨らみも目で見てわかるようになっていきます。

妊娠4ヶ月の赤ちゃんの状態は? 

赤ちゃんの体重は?

妊娠4ヶ月になると、お腹の中で赤ちゃんはすくすく成長し体重は40g~100g程度まで増えています。胎児の大きさは16㎝程度まで成長し、妊娠3ヶ月から比べると赤ちゃんは2~3倍の大きさになっています。まだ目は閉じたままですが、顔には産毛が生え透明だった肌は皮膚に厚みが出て半透明になっていきます。お腹の赤ちゃんは指しゃぶりをする吸てつ反射が見られるようになります。

性器が見えるようになる

妊娠すると早い週数のうちから性器官の生成がはじまります。妊娠4ヶ月に入ると、器官生成期が終わり性器の発達も確認できるようになってきます。性器が分かりやすい男の子は判断しやすいですが、お腹の赤ちゃんの向きによりエコー検査ではっきり性器を確認することができません。そのため、性別の判断はもう少し先になってからとなるでしょう。

症状として特に多いのがこの3つ

妊娠中の出血

妊娠中は子宮の粘膜が充血しています。そのため、内診時の器具による刺激やセックスの後に出血することがあります。出血はおりものに混じっていたり、茶色い出血がある場合もあります。茶色のおりものは出血の疑いが、かゆみや痛みを伴う白や黄色のおりものは膣炎の可能性が。鮮血で出血の量が多い場合や、出血が止まらないなどの症状があるときは、流産の危険もあるため早急に産婦人科を受診しましょう。

下腹部痛

妊娠4ヶ月に入り、子宮が大きくなることで下腹部痛を感じる妊婦さんもいます。子宮を支える靭帯が引っ張られるため、足の付け根から引っ張られる痛みや下腹部に痛みを伴うのです。もし下腹部の痛みが辛い場合は、痛い方を下にしてしばらく横になると痛みが楽になると言われています。

つわり

個人差はありますが、妊娠4ヶ月になると辛かったつわりの症状が落ち着き始めます。妊娠によりつわりの症状が出産直前まで続いたという妊婦さんもいますが、だいたいは妊娠4ヶ月につわりから解放されたという妊婦さんがほとんどです。妊娠中でも食事や運動を楽しめる時期になりますが、つわりの症状がまだある場合には無理をせずに安静が第一です。

妊娠4ヶ月目の危険性は?

後期流産

妊娠12週~妊娠22週に起こる流産を後期流産と言います。妊娠初期に起こる流産は、胎児の染色体異常などによる防ぐことができない流産となりますが、後期流産は子宮の異常や過度のストレスなど母体側に原因があることが多いようです。妊娠中お腹の痛みや出血、おりものの異常など、何かしら身体の変化が感じられた場合は自己判断せずに早急に医師に診てもらいましょう。

鉄分が不足し貧血になりやすい

妊娠によりお腹の赤ちゃんは母体から必要な栄養を吸収しますが、鉄分を優先的に受け取って成長していきます。そのため妊婦さんは、妊娠前よりも多くの鉄分が必要となり、鉄分不足により貧血を起こしやすくなります。妊婦健診のときに貧血検査で貧血と診断された場合は、鉄剤が処方されます。妊娠中は魚の赤身やレバー、ほうれん草などの鉄分を多く含む食品を摂取することが大切です。

妊娠4ヶ月目の食事に関して

つわりが終わる時期は、酸味のあるものやさっぱりしたものが食べたくなります。妊娠中は口内のネバネバがきになったり嘔吐感が続く人もいるので、食の好みが妊娠前と変わるママも多いようです。

つわり中は偏食になるケースも多いので、つわりが落ち着いたら食生活はリセット。栄養摂取できる食品を加えていきましょう。

さっぱりした味付けには塩味が便利ですが、塩分の摂りすぎも心配です。塩の代わりに、レモンを絞って調味料代わりにしてみましょう。さっぱりとした酸味と香りで、妊娠中の口内のネバネバ感も解消できます。

レモン果汁にはビタミンCが含まれています。ビタミンCには、鉄分の吸収を助ける働きがあります。妊娠中の鉄分不足を補うメニューにも、味付けの1つとしてレモン果汁を活用してください。

それと食物繊維とれていますか?
便秘解消に辛い物を食べて腸を刺激したり、下剤を飲んで解消する方法は妊娠中にはおすすめしません。腸を刺激するよりも、腸の働きをサポートする食物繊維がおすすめです。

食物繊維は大きく分けて「水溶性」「不溶性」があります。水溶性は、ひじきや昆布です。不溶性は干ししいたけや根菜類・豆類・ナッツなどに多く含まれています。不溶性は腸内の不要物を吸収して便を出すサポートをします。

ひじきは食物繊維の含有量がトップクラスで、ミネラルも豊富なので貧血気味で肌の調子が悪い人や、便秘でむくみがちの人には摂取してほしいです!

ALTURAの治療法・予約をしてみたい方はこちら

心当たりのある方・お悩みの方は是非ご相談ください 実際に受けられた方の声・患者様の声は下記のページから

NHK試してガッテンでも紹介された筋膜リリースをはじめ、テンセグリティー、オステオパシー、身体構造学、経絡(東洋医学)、カイロプラクティック、流動力学、古武術、脳科学など多くの学問をまとめた脳心体統合理論を元にその人に合ったオーダーメイド施術を受けることができます。

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島8−8−3 ランドマーク305
電話:06−7710−7037
定休日:不定休
ホームページ http://altura.co.jp
大阪市内、福島区だけでなく、東京都港区、品川区、目黒区、千代田区、渋谷区、世田谷区、中央区、奈良県香芝市、大和高田、橿原、王寺町、生駒市、福岡県博多市、滋賀県、京都府、兵庫県からもお客様がたくさん来院しています。
ALTURA整体院、大阪肩こり専門院、大阪福島区肩こり、中島一馬、猫背姿勢、大阪整体院、大阪府福島区、西麻布、六本木、痛み、歪み、体質改善、四十肩、五十肩、肩こり、猫背矯正、猫背改善、O.X脚改善、ゴッドハンド、腰痛、マタニティー