シンスプリント

シンスプリントになる人は、部活を始めたばかりやスポーツ、ランニングなどを始めたばかりの人に多く起きるため「初心者病」とも言われます。

痛みを引き起こしている本当の原因は「筋肉」にあります。
シンスプリントは「すねの骨の内側や外側」が痛む症状です。

動作をするたびにすねの骨膜(骨をおおっている膜)を引っ張ります。

この状態が続くと引っ張られている骨膜が耐えきれずに炎症が起き、痛み始めると言われています。